<紅葉と温泉>

秋といえば紅葉。

11月に入ってここ福島の山々もすっかり色づいてきました。

こんな季節は紅葉を見ながら温泉につかりた~い。

そんなわけで、この季節お勧めの場所と温泉を紹介したいと思います。

 

福島にはたくさんの紅葉スポットがありますが、今日は、かやぶき屋根の民家が立ち並ぶ集落が有名な大内宿にも近い下郷の湯野上温泉駅を紹介したいと思います。

湯野上温泉駅は、会津若松から会津鉄道で約40分。色づいた山々を見ながらのんびりと列車に揺られると、かやぶき屋根の駅舎が登場です。

駅舎の中はレトロ感満載です。

駅舎の横には足湯もあります。

足湯につかりながら、駅舎周辺の紅葉も大変きれいです。まさにベストシーズン。

この周辺は、大内宿をはじめ、100万年以上という長い年月の浸食と風化によって大川の断崖が削られてできた神秘的な岩肌が鑑賞できるスポット「塔のへつり」などもあります。

「へつり」とは、岩や崖の側面をたどって歩くことを方言で「へつる、へつって歩く」と言ったことからついた名前だと言われています。ここは一見の価値ありです。

 

そして、観光が終わった後は温泉です。

 

湯野上温泉には、有名な温泉宿がいくつかありますが、その中でもお勧めは、阿賀川の左岸にある(ほとんどの宿は右岸にあります)藤龍館さんです。

もともとは明治23年創業と言いますから、120年の老舗旅館です。

今は近代的な全室離れ家風の純和風旅館となっています。

藤龍館さんのお勧めポイントは、細かいところまで気を配ったサービスとこだわりです。その一つが大浴場に置いてあるシャンプー。

温泉旅館はさまざまありますが、大浴場においてあるシャンプーって意外と同じものを使っています(取引業者が共通)。

しかし、藤龍館さんはこだわりの老舗旅館。浴場でお使いいただくシャンプーにもこだわっており、弊社のリラモイストシャンプーREをお使いです。

そして、売店では結をはじめ、大浴場で使っているリラモイストも販売いただいています。

結のヘアオイルとヘアエッセンスは、ご希望のお客様には貸し出しもしています。

細かいところまで気を配ったサービスが、コアなリピーターを作っている旅館さんです。

そして、藤龍館の若女将、一見の価値ありの美人女将です。ぜひ宿泊して世間話に花を咲かせてみて下さい。

福島への紅葉見物、湯野上温泉がお勧めですよ。

 

#紅葉 #湯野上温泉 #温泉でのんびり #福島県 #会津 #ほっこり #リラックス #至福

 

 

Continue Reading

「いいな~」

会社に猫がおりまして、よく「いいな~」と言われます。

アロマ(女の子13歳)とフー太(男の子11歳)です。

この子達は毎朝リュックに入って出勤してきます。

なぜ毎日通っているのか・・・

 

今から約12年前、会社近くのマンションに猫が捨てられていました。

当時は猫好きの管理人さんが週3回ご飯をあげていました。

管理人さんによれば、毎日来られないし、家にはすでに保護した猫が8匹いるからもう飼えないんだよ~ (T_T)

 

さらに近所のおじさんが、こんなところで餌付けするなー<`~´>

と言って、寝床にしていた段ボールを撤去したとのこと。

目撃していた近所の子供たちがまた設置しましたが(笑)

 

そのことを聞きつけた社長がふらっと外へ!

数分後、戻ってきた社長の腕には段ボールが!???

 

なんと、箱ごとその猫ちゃんを連れてきたではないですか!

 

(私)えっ? 社長の家で飼うんですか?

(社長)いや、うちは猫アレルギーの子共がいるから会社で飼うよ!

(私)えっ、いいんですか?

(社長)だって保健所に電話でもされたらかわいそうだろー。

寒くもなってきたしな~(11月)

 

というわけで会社で飼うことになったのがアロマです。

 

ところがその夜、

セキュリティー会社から防犯システムが作動しました!

と緊急連絡が入りました。

パトカーも出動!

 

ド、ドロボーですか?

 

いや社内を捜索したところ不審者はいませんでした。

しかし猫ちゃんがおりまして・・・

こちらで飼われてる猫ちゃんですか?

 

えっ、あーそうですが・・・

 

防犯システムは、小動物にも反応しますのでそのせいかと思われます。

今後気を付けてください<(`^´)>

どーもすみません・・・

 

さてどうする、困ったぞー。

セキュリティーを切るわけにはいかないしなー・・・

 

(社長)そうだ、君、猫好きだったよな!

                じゃーこの子飼いなさい!

 

(私)えー、うちのアパート猫飼えないですけどー。

 

(社長)大丈夫、そこの大家同級生だから! (^^)

 

とは言え、他の住居者の手前、堂々と飼えるわけもなく・・・。

日中は会社で飼うことにして、夜は私が連れて帰り、朝私と一緒に出勤するスタイルになったわけです。

 

アロマは拾ってもらった恩を今も忘れることなく、毎朝出社すると、一番に社長の足元に行き、元気な声で「ニャーー」っとあいさつをしています(笑)

 

もう1匹の猫、フー太の話はまた今度書きたいと思います♪

Continue Reading

SOD様食品って、ご存知ですか?

こんにちは、東京スタッフのマメです。

お盆中は「もう、夏も終わりかしら?」と疑うような涼しさが続きましたが、
やっぱり終わっていませんでしたね(^-^;

ここ数日は、玄関のドアを開けると、全身を包み込むような熱気と湿度が…
思わずドアを閉めてしまいたくなります。本当に。

わが家の猫ちゃんもこんな感じ…

だら~んとしています( *´艸`)

 

人間は一日中ごろごろしているわけにもいかないので、
私は「太陽と水の恵み」を毎朝飲んでパワーをもらってます。
先月、スタッフがブログでも紹介していましたよね~。

 
わが家では、
私はもちろん、
特に小学生の娘が大好きです♪
ちょっと疲れ気味だったり、体調が下降気味でも、
濃いめに割って、飲んでおけば、
翌日には、しゃっきり!
元気に回復するそうです。

 

「太陽と水の恵み」は、単なる栄養ドリンクとは違います。

もちろん、ビタミン7種類に加えて、核酸、アミノ酸、葉酸、クエン酸、ローヤルゼリー、プルーンエキス、アロエエキス、にんにくエキス、朝鮮ニンジンエキス、クロレラ…
などなど47種類もの栄養素がつまったマルチ栄養ドリンクなのですが…

他のドリンクと何が違うのかというと、
“SOD様食品” ということ!

 

“SOD様食品”とは?

一言でいうと、
増えすぎた活性酸素を除去してくれる食品(飲み物)なんです。

 

活性酸素は、ウィルスを除去してくれたりと
体にとって必要な存在でもあります。

しかし、増えすぎてしまうと、
逆に体を攻撃してしまうこともあります。

 

そんな、増えすぎた“活性酸素”を除去してくれるのが、
「太陽と水の恵み」。

飲むと、すぅーっと体に浸透して、

シャキッとできるのもうなずけます。

 

夏の疲れがたまってくるこの時期に、
ぜひ、おすすめです。

▼ジザニアエキス32 太陽と水の恵み

http://shop.curlysbarly.co.jp/Shop/Detail/zizania-drink

Continue Reading

★25周年記念事業★ ウェルミューン糖鎖いよいよ発売です!

 

日頃からカーリーズバーリーをご愛顧いただきありがとうございます。

おかげさまで、創業25年目を迎えることになりました。

 

このたび、創業25年周年記念事業の一つとして、

糖鎖栄養食品『ウェルミューン糖鎖(とうさ)』を発売させていただきます!

 

『ウェルミューン糖鎖』とは、

アナツバメの巣を酵素処理した「コロカリア」という原料を主成分に、

・酵母由来高濃度βグルカン(ウェルミューン)

・ナノ乳酸菌(nanoECF)

・冬虫夏草

・アガリクス

・霊芝 と、

こだわりの6種類の成分を配合した“糖鎖栄養食品”です。

 

「糖鎖‐とうさ」という言葉を初めて耳にする

と言う方も多いかもしれませんね。

 

糖鎖とは、

私たちのからだを構成している60兆個の細胞のまわりを

絨毛のように覆って、細胞同士をつなぐ“アンテナ”のようなものです。

 

 

 

 

この「糖鎖」がアンテナのように働いて、

異物を認識して免疫系へ働きかけるなど、

生命活動において、とても重要な働きをしていることが

最近の研究で解ってきました。

 

タンパク質、核酸に次ぐ、第三の「生命鎖」として、

特に20世紀に入ってからは、

大学をはじめ様々な研究機関で研究が進められている

注目の栄養素なんです。

 

 

8月8日に放送された

健康寿命を延ばす情報バラエティ

「名医とつながる!たけしの家庭の医学」でも

糖鎖が紹介されました!

 

弱った免疫を復活させる有効な手段として

「細胞のアンテナ」に世界が注目!

風邪から癌まで幅広く効果を発揮できるとして、

今、医学界からも“糖鎖”に熱い視線が送られている

とのことでした。

 

 

・最近、年齢を感じやすい…

 

・朝の元気が続かない…

 

・体調を崩しやすい…

 

 

そんな方に、ぜひ『ウェルミューン糖鎖』を飲んでいただきたいと思います。

 

 

8月21日発売ですが、現在ご予約も承り中です!

 

『ウェルミューン糖鎖』の詳しい情報はコチラをご覧ください↓

http://shop.curlysbarly.co.jp/Shop/Page/special170808

Continue Reading

うちのお風呂にはなにもない!

うちのお風呂場には、石鹸以外なにもありません。↑↑↑

この状態になって2年がたちます。

 

以前は、イス・洗面器・シャンプー(数種類)・トリートメント・クレンジング・タオル・あかすり・掃除用スポンジ・お風呂用洗剤・・・・等々

お風呂で使用するものがズラッと並んでいました。

 

じゃあ、なぜこうなったのか?

ずぼらな私が、毎日掃除をするわけがなく、いざ掃除をしようとシャンプーをどかしたら、底がヌルっとし・・・ギャーー\(◎o◎)/!

当時は、お徳用のポンプタイプを使っていたので、シャンプーを持ち上げることがほとんどなく、ギャーーっとなっていたわけです。

 

そこで取り入れた解決法がこちら↓↓↓

お風呂場の入り口にカゴを置き、シャンプーなどを入れます。

そして、その日使用する物をその都度お風呂場へ持ち込みます。

 

ここで見直した事が2つあります。

 

1、それ本当に必要? 一軍だけに絞り込め!

パッケージや、宣伝広告に負け、買ってはみたものの結局使わなくなる2軍達。

最近は買い物中、「それ本当に必要?」と心の中で呪文のように唱えています(^_^;)

 

2、容器をスリムに! このまま銭湯にも!

カゴに入れるためには、スリムな容器じゃないとすぐ満杯に!

そこで、イオブリラモイストシャンプーREは、大事にとっておいた初代容器に入れ替えて使用 (^O^)

AGタイプは180mlを使用しています!

時々行く銭湯も、このカゴを持って行けばOK!

 

↓↓↓さて、こんな感じでその日使うものをセレクトしたらいざ入浴!

♨ ♨ ♨ ♨ ♨ ♨ 

あー、いいお湯でした~

と、ここでひと仕事!

 

体を拭いた後のタオルで、使用したシャンプー達の水滴をふき取り、

カゴの中へ IN

この、1、2分の作業で床に何もなくなったお風呂場は、掃除がすごーく楽ちん(^O^)

結局、汚さないのが一番楽だということを実感したのです(^_-)-☆

 

最初は、私だけが実践していましたが、いつの間にか家族も実践してくれています!

習慣にしてしまえばまったく苦にならなくなります。

 

ちなみに、カゴの横にちょこんと出ているALL allのスプレーですが↓↓↓

着替えをしている間の乾燥対策として、顔と髪にたっぷりと吹きかけています!

これで乾燥を気にせず、後からゆっくりと化粧水が付けられます(^_^)v

皆様も試してみて下さい!

 

Continue Reading

お客様の声

この前、サロン様に聞いた話です。

最近、お客さん、澱が出ているALL allを選んで買っていかれるんですよ。

―澱が出ているのをわざわざですか?-

そうなんです。ALL allを携帯するために、百均で小さいスプレー容器を買ってそれに中身を入れて使っていたらしいんですが、それが家で使っているALL allと何か違うって。で、ふと思ったのが容器のせいじゃないかって。

―それってどういうことです?-

ALL allって、菌が生きてるじゃないですか?それと、マコモをはじめ、他の菌も光合成の菌だってこと思い出したそうなんです。透明容器じゃなかったので、光が入らないために活性化が止まっちゃったんじゃないかって。菌にかわいそうなことしたかなって。

(このサロンさん、ALL allを直射日光が当たるところにあえて陳列しています。)

ALL allは、同じロットの商品でも、1本1本その顔が違います。そして、光に当たることで光合成が進んでくると水の中に細かい浮遊物が浮いてきます、それが分解を繰り返したために出来た代謝物、澱です。

ALL allは、時間の経過と共に、色が変わったり澱が出たりという変化を伴います。有用微生物群が生菌の状態でボトリングされていますから、この変化がある意味、活性度を表しています。

なるべく澱が出ているALL allを使ってみてください。活性度は高いですから、施術で使われても結果が違ってくるかもしれませんよ!

 

梅雨時に聞く音楽。

ビルエバンスの「ポートレートインジャズ」。

しっとり濡れた木々を見ながら流れるピアノはまさに、梅雨時にはピッタリの音楽です。

最近、学生時代に買ったアルテックのスピーカーをメーカーに修理に出しました。そして復活してきたのでLPレコードなるもの、アナログの音楽を聞いています。

何気にこのジャケットにどんな商品が似合うか、いろいろ並べてみました。梅雨時に特に需要が多くなるアウトバスPPT。

ビルエバンスに違和感なく寄り添っています。

 

Continue Reading

できるだけ自然のままが、心地いい。

こんにちは、東京スタッフのマメです。
私はそれほどお酒に強いたちではありませんが、
美味しい食事と楽しい仲間に囲まれると…
やっぱり、
ついつい飲みたくなりますよねぇ。

 

数年前からは、ワインのおいしさに目覚めました。
ワインは、ブドウの種類や産地、気候、製法、製造者のこだわり…
様々な組み合わせで
ワイン一つひとつの味や風味が全く違います。
詳しい知識はありませんが、
食事に合わせて「これはどうかな?」と組み合わせるのが
楽しみの一つです。

 

でも、残念なことに、
ワインを飲むと頭が痛くなってしまうことがよくあります。
もともと偏頭痛持ちなのですが、
どうやら、
・ワインに含まれる残留農薬が悪さをしている?
・赤ワインのポリフェノールが良くない?
・酸化防止剤の影響?

 

などなど、様々な説があり、
ワインが頭痛を引き起こす原因になっているようです。

 

頭が痛くなってしまうと、楽しい時間が台無しに…
「今日は大丈夫かな?」「やっぱりやめておこうかな」
とビクビクしながらワインを飲んでいました。
※それなら、飲まなければいいじゃない?と言う声も聞こえてきそうですが、やっぱり、美味しい食事を前にすると…ねぇ笑

 
そんな中、いろいろ試して見つけたのが、
「頭が痛くならないワインたち」

「ビオワイン」「自然派ワイン」などとも呼ばれていますが、
無農薬、有機栽培で育てられた自然なブドウのみを使って、
できるだけ自然な製法で造られたワインのことです。

 

そして不思議なことに、この自然派ワインたちは、
頭が痛くなることがほとんどありません。
そして味は、すぅーと飲みやすいもの、ブドウの味が感じられるものが
多いように思います。
無濾過なので、にごりやおりもあります。

もともと、特に若い頃は「自然」にこだわる方ではありませんでしたが、
からだが素直に「心地いいよ」と感じているのを実感しました。

 

こだわり過ぎて、「自然であること」に、がんじがらめになるのはどうかと思いますが、
からだに入れるもの、からだに使うものは
できるだけ自然なものがいい。
からだが心地よいものがいい。
そして私たちも、メーカーとして自然の恵み、からだの声を大事にしていきたい。

 

頭が痛くならないワインたちに感謝をしながら、
そんな風に思う今日この頃です。

Continue Reading